「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

怪獣8号

怪獣8号打ち切りはつまらないから?休載多い理由も徹底調査!

怪獣8号打ち切りはつまらないから?休載多い理由も徹底調査! 怪獣8号
Pocket

「怪獣8号打ち切りはつまらないから?休載多い理由も徹底調査!」こちらをご紹介します。

この記事を読むと分かること↓

  • 怪獣8号つまらないと言われるのはなぜ?
  • 怪獣8号つまらないと言われる理由8選
  • 怪獣8号つまらないから打ち切り?

 

2024年4月からはアニメ化も決定した大人気作の『怪獣8号』。

アニメが決まり原作コミックは、増々盛り上がっていいますね♪

しかし、一部ではストーリーが展開いていくにつれて「つまらなくなった」という声も上がっているんです。

読んだことがない方にとっては、「面白くないなら読みたくない」と思うのは当然ですよね。

  • なんで面白くないって言われるようになったの?
  • 本当に面白くないの?
  • 打ち切りのうわさって本当?

など、気になりますよね?

今回は、『怪獣8号』に注目し、なぜそういった評価がされるのかその理由に迫ります。

ということで「怪獣8号打ち切りはつまらないから?休載多い理由も徹底調査!」

こちらのタイトルで情報をシェアしていきます。

 

怪獣8号打ち切りはつまらないから?

結論から言えば、『怪獣8号』打ち切りの可能性は限りなく低いでしょう。

なぜなら、『ジャンプ+』の中でも人気のある作品です。

更新頻度が低くてもランキングではいつも上位にランクインしています。

ももん
ももん

発行部数も2023年で全世界で1100万部以上を売り上げました

2024年4月にはアニメが放送されることで、さらに売り上げが伸びる見込みです。

以上のことから、『怪獣8号』は打ち切りになる可能性は非常に低いと考えられます。

一方で、中には「つまらなくなった」という意見もあります。

例えば、X(旧Twitter)では、以下のようなポストが目立ちます。

  • 「怪獣8号、つまんないからもう連載終了して欲しい。隔週連載でやるペースではないし、そもそも作者描く気ないだろ。」
  • 「エリンギが全く魅力ない敵すぎる」
  • 「怪獣8号、最初の2話までは「うわこれ面白い!」って思ったのに、入隊後から右肩下がりでかなり…」

などと言われていました。

なぜこのようなポストが目立つようになったのでしょうか。

 

怪獣8号つまらないと言われる理由7選

怪獣8号が「つまらない」と言われる理由↓

  1. 面白いのは最初だけ
  2. 設定が王道すぎる
  3. 主人公の正体がバレるのが早すぎる
  4. 敵が少ないためマンネリ
  5. 主人公が気持ち悪い
  6. 怪獣9号の目的が謎
  7. キャラの個性が薄い

下で、1つずつ詳しく見ていきましょう。

 

怪獣8号つまらない:面白いのは最初だけ

主人公が無双する系の作品として序盤は非常に面白かったんです。

しかし、怪獣9号に敗北して以降、徐々に魅力が薄れていくという声もあります。

実際に「入隊試験が面白い」という口コミが多かった印象。

なんと、2巻で早々に入隊試験は終了しているんです。

  1. 入隊試験(2巻)
  2. カフカの正体がバレる(4巻)
  3. 怪獣9号に敗北(6巻)

という大まかな流れがあります。

以上のことから、面白いのは4巻までなのかなと。

 

怪獣8号つまらない:設定が王道すぎる

『怪獣8号』は捻りがないと感じる読者も多いよう。

バトル漫画の世界では、新しい設定や斬新なアイデアが求められています。

最近では、「鬼滅の刃」や「呪術廻戦」といった作品がその期待に応え、高い評価を受けています。

これらの作品は、これまでにない呼吸法や呪術といった要素を取り入れることで斬新さを出しています。

一方で、「怪獣8号」はよくある設定。

そのため、似たような設定の作品が多く存在しています。

似た作品例↓

  • 「エヴァンゲリオン」
  • 「進撃の巨人」
  • 「テラフォーマーズ」

これらの作品では、スーツや武器を使って敵と対峙するという設定。

そんな設定が共通しており、既視感を覚えることもあります。

「同じような内容だったらわざわざ『怪獣8号』じゃなくてもいいや。。」

と思いそうですよね。

 

怪獣8号つまらない:主人公の正体がバレるのが早すぎる

カフカの正体がバレるのは、なんと第4巻

第4巻と超序盤で明かされるとは、誰も予想していませんでした。

確かに設定上、正体が明かされることは必要です。

ですが、ほとんどの読者は怪獣8号が防衛隊員として戦いながら正体を隠すストーリーを期待していました。

しかし、その期待は完全に裏切られたんです。

そのことから、「面白かったのは最初だけで、今はつまらない」と言われるようになってしまったのだと思います。

 

怪獣8号つまらない:敵が少ないためマンネリ

怪獣9号は、予想されるラスボスとして登場しています。

そんな9号、作中での出演回数は非常に多いんです。

通常、ラスボスとの戦いは物語の最後に行われるものです。

怪獣8号では敵の登場種類が少ないため、9号と何度も対峙することに。

そのため、「つまらない」という声が上がるようになったんです。

もちろん、現在は9号以外にも強力な敵が登場するようになりました。

しかし、以前は9号しか敵がいなかった時期も

結果、批判が多くなってしまいました。

 

怪獣8号つまらない:主人公が気持ち悪い

カフカが気持ち悪いと言われる理由。

それは、彼がヒロインの四宮キコルに好意を寄せられているからです。

父親は防衛隊の長官であり、母親は前2番隊隊長というエリート一家の出身。

カリフォルニア討伐大学を首席で卒業し、怪獣を撃退することが趣味という才女です。

ですが年齢は16歳なので、高校生と同じくらい。

32歳のカフカが16歳のキコルに好意を寄せられていることに、気持ち悪さを感じる読者がいます。

年齢差にして16歳。。

完全にキコルの倍の年齢ですね。

年上の男性に憧れることはあるあるなのですが、設定に無理がある気もしなくはないです。

また、第3部隊隊長を務めるミナもカフカの5歳年下

人間ですから、自分より出世している彼女を尊敬し憧れるところまでは理解はできます。

しかし、執着している様子には、気持ち悪いという声が挙がっています。

 

怪獣8号つまらない:怪獣9号の目的が謎

怪獣9号は、『怪獣8号』の第6話で初登場しました。

驚くことに、この怪獣はカフカが働いていた怪獣専門清掃業者「モンスタースイーパー」の作業員に擬態していたんです。

怪獣9号の本来の姿は、全体的な見た目がエリンギのような姿です。

この怪獣は高い知能を持っており、人間を吸収し擬態する能力を持っているため、追跡が非常に困難です。

防衛隊が怪獣9号の存在を把握してからも、姿を変えながら移動するのでなかなか捕まえられませんでした。

ただ、この怪獣9号は討伐された怪獣を元に戻すことを目的にしているようです。

しかし、なぜ元に戻しているのかが具体的にはわかりません

怪獣9号は何度もカフカたちの前に現れては、激しい戦闘を繰り広げた後に逃げるようにその場を去る。

次に現れるときはさらに強くなっている、という繰り返しでした。

成長スピードも早く、防衛隊側をよく観察しているため、対策をしても次々に攻略されてしまいます。

このように、怪獣9号はカフカたちの前に度々現れ、討伐が先送りされていました。

そのため「しつこい!」などと読者から不満の声が上がっているんです。

 

怪獣8号つまらない:キャラの個性が薄い

怪獣8号には防衛隊中心にたくさんのキャラクターが登場します。

しかし、メインキャラクター以外は「この人誰だっけ?」とページを戻ることもあります。

主人公が怪獣という特異な設定のため、彼のキャラクターは非常に鮮明に描かれています。

しかし、相棒の市川レノでさえ最初は印象が薄かったです。

また、序盤は敵といえば怪獣9号しか登場せず、敵=怪獣9号の繰り返しになっていました。

このことから「面白くない」と思う読者もいたのではないでしょうか?

 

怪獣8号休載が多いのはなぜ?

怪獣8号は、おそらく週刊連載でなければならないほどのスピード感が必要な内容だと思います。

しかし休載が多く、更新が不定期なんです。

そのため、最新話を追っている人にとっては展開が間延びしているように感じられるかもしれません。

現在9巻まで発売されているため、単行本で読めば休載のストレスは解消されること思います。

「不定期で作品から離れて、思い出したときにまとめて読む」というのが、精神的にも負担が軽くなるかと思います。

少年ジャンプ+での総合評価は、非常に信頼性の高い結果だと断言できます。

結論は、常にランキング上位をキープしています。

過大評価されているという感じはまったくありません。

 

怪獣8号打ち切りはつまらないから?休載多い理由も徹底調査!まとめ

「怪獣8号打ち切りはつまらないから?休載多い理由も徹底調査!」

こちらをご紹介しました。

【怪獣8号つまらないと言われる理由】

  1. 面白いのは最初だけ
  2. 設定が王道すぎる
  3. 主人公の正体がバレるのが早すぎる
  4. 休載が多い
  5. 敵が少ないためマンネリ
  6. 主人公が気持ち悪い
  7. 怪獣9号の目的が謎
  8. キャラの個性が薄い

という結果になりました。

『怪獣8号』が不評なのは、よくある展開だからなんですね。

主人公の正体が明かされるまではすごく楽しめる作品だと思います。

また、怪獣8号の打ち切りの可能性についても解説していきました。

しかし、現時点では打ち切りの兆候は全く見られません。

アニメも期待できる制作陣が手がけているため、原作が盛り上がることは間違いありません。

ということで「怪獣8号打ち切りはつまらないから?休載多い理由も徹底調査!」

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました