「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

薬屋のひとりごと

薬屋のひとりごと漫画どっちがおすすめ?なぜ二種類あるのか違いを調査!

薬屋のひとりごと漫画どっちが人気?2種類あるのなぜか違いも調査! 薬屋のひとりごと
Pocket

薬屋のひとりごと漫画どっちがおすすめ?なぜ二種類あるのか違いを調査!」こちらをご紹介します。

この記事を読むと分かること↓

  • 『薬屋のひとりごと』どっちが人気?
  • 『薬屋のひとりごと』なぜ2種類あるの?
  • 『薬屋のひとりごと』内容の違いは?
  • 『薬屋のひとりごと』どっちを読むのが正解?

 

漫画『薬屋のひとりごと』は2種類の出版社から出版されています。

皆さんはこの2つの作品の違いを知っていますか?

どちらがより人気なのか、疑問に思っているかと思います。

今回は、漫画『薬屋のひとりごと』に焦点を当て、私自身が両方を読んで感じた違いについて解説していきます。

結局のところどちらを読むべきなのか、その理由を明らかにしていきましょう。

ということで「薬屋のひとりごと漫画どっちがおすすめ?なぜ二種類あるのか違いを調査!」

こちらのタイトルで情報をシェアしていきます。

 

薬屋のひとりごと漫画どっちがおすすめ?

  • 『薬屋のひとりごと』:ビッグガンガン
  • 『薬屋のひとりごと』:サンデーGX

現在は上記の2社から漫画が出版されています。

結論からいうと、人気なのはビッグガンガン版です。

ビッグガンガン版は2019年に「次にくるマンガ大賞」コミックス部門で第1位を獲得しています。

この受賞により、一気に世間の認知度が高まった印象があります。

そして、アニメ化された『薬屋のひとりごと』。

もちろん、ストーリーは原作小説をベースにしています。

しかし、作画はビッグガンガン版に寄せていると思われます。

これは、ビッグガンガン版のキャラクター作画がアニメに適しているためと考えられます。

 

薬屋のひとりごと漫画どっちが人気:売り上げの違い

次は、2種類の漫画の売上部数を見てみましょう。

2022年6月時点↓

ビッグガンガン:800万部

サンデーGX:680万部

売り上げの差からも、ビッグガンガン版が多くの読者に支持されていることがわかりますね。

2023年2月時点では全シリーズでの累計部数としての表記に変わっていました。

そのため、合計で2100万部売れているということはわかっているのですが、詳細まではわかりませんでした。

 

薬屋のひとりごと漫画なぜ二種類?

漫画『薬屋のひとりごと』は、スクエアエニックスと小学館の2種類の出版社で連載されています。

これはとても珍しい現象と言えます。

通常は1つの原作に対して1つの出版社の連載で制作されます。

しかも、この作品では2つの出版社がほぼ同じ時期に連載開始。

そして、同じ原作から漫画化しているんです。

なぜ同じタイトルで2種類の連載が存在するのでしょうか?

原作者もなぜ2種類存在するのか「わからない」ようです。

おそらく「この小説の漫画を出版すれば売れる!」と思った出版社が2社あったからだと考えられます。

そして、2社で全く同じ内容にならないためにも、重視する点を分けたのではないでしょうか?

なので次は、それぞれの漫画の違いを詳しく見ていきましょう。

 

薬屋のひとりごと漫画二種類の違い

ビッグガンガン版とサンデーGX版には様々な違いがあります。

ここでは、それぞれの特徴やストーリーの進行における違いを見ていきましょう。

大きな違いは下記↓

  • サンデーGX版は後宮ミステリー
  • ビッグガンガン版はラブコメ

その他の細かい違い↓

  • 内容が進むペースの違い
  • 作画担当の違いによるイラストの違い

 

薬屋のひとりごと漫画:サンデーGX版は後宮ミステリー

サンデーGX版は原作への忠実さを重視しています。

そのため、後宮ミステリーとしての要素が際立っています。

しかし、原作通りに話が進むものの、改編も多いです。

エピソードの順番が変わっていたり、まったく違う表現になっていたりします。

そのため、サンデーGX版の方がストーリーをコンパクトにまとめているため、内容の進むスピードが速い傾向があります。

ただし、しっかりと原作を読み込んで改編されているため、原作を読んでいなくても理解しやすい描写が特徴です。

 

薬屋のひとりごと漫画:ビッグガンガン版はラブコメ

一方でビッグガンガン版は、ラブコメを重視している傾向にあります。

キャラクターたちの可愛らしい一面や軽快な展開が魅力です。

ビジュアルもよりカラフルでキュートな作画になっています。

そのため、ミステリーやホラーが苦手な方でも受け入れやすいのではないでしょうか?

ストーリーは基本、原作に則って進んでいきます。

しかし、なぜか後々に重要となる部分が端折られたりしているという特徴があります。

ビッグガンガン版はキャラクターの感情を、より丁寧に描写している印象を受けました。

そのため、全体的に展開がゆっくり進んでいます。

 

薬屋のひとりごと漫画どっちから読むべき?

原作に忠実さを求めるなら、断然サンデーGX版がおすすめです。

このサンデーGX版はミステリーを重視しています。

そのため、細部にわたる原作の再現されているんです。

コスパを重視するという点でもサンデーGX版がおすすめです。

1巻辺り平均して約37円の差があります。

10巻で370円差が出ると大きいですよね。

一方で、ビッグガンガン版は、ラブコメを重視しています。

そのため、「難しい話は苦手」「ラブコメが読みたい」などのより広い層が読みやすいように編集しています。

原作を重視するか、読みやすさを重視するかで変わってきます。

なので一概に「こっち!」とは言えません。

求める要素に応じて選ぶといいでしょう。

 

薬屋のひとりごと漫画どっちがおすすめ?なぜ二種類あるのか違いを調査!まとめ

「薬屋のひとりごと漫画どっちがおすすめ?なぜ二種類あるのか違いを調査!」

こちらをご紹介しました。

  • ビッグガンガン版が人気
  • 原作者もなぜ2種類存在するのか「わからない
  • 原作に忠実さを求めるなら断然サンデーGX版がおすすめ
  • 読みやすさを重視するならビッグガンガン版がおすすめ

という結果になりました。

「薬屋のひとりごと」の漫画には、ビッグガンガン版とサンデーGX版があり、それぞれ異なる魅力があります。

ビッグガンガン版はキャラクターの感情が丁寧に描写されています。

そのためラブコメ要素が重視され、キャラクターの可愛らしさが際立っています。

一方、サンデーGX版は後宮ミステリーに焦点を当て、原作に忠実なストーリー展開がされています。

売上部数ではビッグガンガン版が優位に立っていますが、どちらが良いかは個人の好みによると言えるでしょう。

自身の嗜好や興味に合わせて、どちらを選ぶか検討してみてください。

ということで「薬屋のひとりごと漫画どっちがおすすめ?なぜ二種類あるのか違いを調査!」

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました