「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

Official髭男dism

ヒゲダンライブチケット倍率が高い!計算すると5倍以上?

髭男ライブチケット倍率が高い!どれくらいやばいか徹底調査! Official髭男dism
Pocket

「ヒゲダンライブチケット倍率が高い!計算すると5倍以上? 」

こちらをご紹介します。

この記事を読むと分かること↓

  • ヒゲダンライブのチケット倍率が高い?
  • ヒゲダンライブチケット2022年の倍率
  • ヒゲダンライブチケット2021年の倍率

 

人気沸騰中のOfficial髭男dism、通称『ヒゲダン』。

2023年はボーカルである藤原聡さんが声帯ポリープを発症したため、残念ながらライブは開催されませんでした。

その、ヒゲダンのライブチケット倍率が話題となっています。

「高い!」と騒がれている一方で、ファンの声はどうなのでしょうか?

  • 過去のライブのチケット倍率高かった?
  • 倍率ってどれくらい?
  • 2024年のライブのチケット倍率はどうなりそう?

など、ファンとしては気になるところですよね?

今回は2021年、2022年のライブの倍率を徹底調査し、その結果を見ていきましょう。

ということで「ヒゲダンライブチケット倍率が高い!計算すると5倍以上? 」

こちらのタイトルで情報をシェアしていきます。

 

髭男ライブチケット倍率が高い

2024年のライブ、現時点では情報が未発表です。

過去の傾向から計算した倍率は↓

1.2倍~5.36倍です。

しかし、2022年の経験からライブが大規模かつキャパが広い場合、倍率は低くなる可能性があります。

最新のライブ情報を待つ間に、過去のライブ情報の倍率をおさらいしてみましょう。

計算方法は、倍率=チケット申し込み数÷収容人数

 

ヒゲダンライブチケット倍率計算:2022年

2022年のライブの倍率は公式からの発表はありません。

なので、口コミや予想から独自で計算してみました。

2022年の当選倍率は2.63倍~5.36倍と予想。

詳細は次の通りです。

 

申し込み人数

2022年のエントリー数は250,000人~500,000人と仮定。

申し込み人数を計算するために、今回はヒゲダンの公式Twitterのフォロワー数を参考に計算します。

フォロワー数の% 1枚 2枚/1人当たり 3枚/1人当たり
Twitterフォロワー数30% 126,900人 250,000人 380,000人
Twitterフォロワー数40% 169,200人 340,000人 510,000人

切りよく250,000人~510,000人にします。

 

会場キャパ

ヒゲダンライブ2022の会場のキャパ数合計は約95,000人です。

会場 収容人数
【青森】リンクステーションホール青森 2,031人×2日
【愛知】名古屋国際会議場センチュリーホール 3,012人×2日
【東京】日本武道館 14,471人×3日
【大阪】フェスティバルホール 5,400人×2日
【北海道】旭川市民文化会館(大ホール) 1,546人
【北海道】札幌文化芸術劇場 hitaru 2,302人
【広島】ふくやま芸術文化ホール
リーデンローズ大ホール
2,003人×2日
【福岡】福岡サンパレス 4,632人×2日
 【富山】オーバード・ホール(富山市芸術文化ホール) 2,200人×2日
 【仙台】仙台サンプラザホール 2,054人×2日
 合計 95,000人

新型コロナウイルスの影響で入場制限があった可能性もあります。

2024年はもっと収容可能人数が増えることを期待したいです。

 

当選倍率

結果、倍率は2.63倍~5.36倍と予想されました。

具体的な倍率は以下の通りです↓

2枚/1人当たり 3枚/1人当たり
Twitterフォロワー数30%
126,900人
2.63倍 4倍
Twitterフォロワー数40%
169,200人
3.57倍 5.36倍

 

ヒゲダンライブチケット倍率計算:2021年

2021年のライブの倍率は公式からの発表はありません。

なので、口コミや予想から独自で計算してみました。

2021年の当選倍率は1.2倍と予想。

詳細は次の通りです。

 

申し込み人数

髭男のアリーナツアーへの申し込み人数は約12万人と予想されます。

Official髭男dismの公式フォロワー数は388,000人です。

このうちW会員となっている人は15%程度となる58,200人と仮定します。

今回のW会員先行の申し込み枚数制限は1人2枚までとなっています。

そのため、116,400席分の応募があると予想します。

 

会場キャパ

髭男アリーナツアーの会場のキャパ数合計は約10万人です。

会場 公演日数
【神奈川】ぴあアリーナMM 2日
【長野】長野ビッグハット 2日
【新潟】朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター 3日
【広島】広島グリーンアリーナ 3日
【兵庫】神戸ワールド記念ホール 2日
【神奈川】横浜アリーナ 2日
【徳島】アスティとくしま 3日
【福井】サンドーム福井 2日
 【大阪】大阪城ホール 3日
 【宮城】宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ 3日
【福岡】マリンメッセ福岡 3日
【愛知】Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)ホールA 2日
【東京】国立代々木競技場第一体育館 2日
【東京】東京ガーデンシアター(有明) 2日
【沖縄】沖縄コンベンションセンター展示棟 2日
【埼玉】さいたまスーパーアリーナ(追加公演) 3日
【愛知】日本ガイシホール 3日
【北海道】真駒内セキスイハイムアイスアリーナ 3日
 【島根】松江市総合体育館(追加公演) 3日
 合計 約10万人

 

当選倍率

結果、アリーナツアーの当選倍率は1.2倍と予想されました。

チケット申込み人数(約12万人)÷収容人数(約10万人)=1.2倍

 

ヒゲダンライブチケット倍率の口コミ

倍率が高いと騒がれていますが、ファンの声はどうなのでしょうか?

X(旧Twitter)のコメントをまとめて見ていきます。

やはり倍率高いんですね。

復活後初めてのライブとなると、なおさら倍率は上がりそうです。

 

ヒゲダンライブチケット倍率が高い!計算すると5倍以上?まとめ

「ヒゲダンライブチケット倍率が高い!計算すると5倍以上?」

こちらをご紹介しました。

  • 2022年の当選倍率は2.63倍~5.36倍
  • 2021年の当選倍率は1.2倍

という結果になりました。

2023年は、髭男のライブ活動は休止状態でした。

しかし、復帰の兆しが見えたことで2024年のライブツアーに期待が寄せられています。

ライブの情報はまだ発表されていないため、公式からの発表を期待しましょう。

ということで「ヒゲダンライブチケット倍率が高い!計算すると5倍以上? 」

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました